このレポートを読めばあなたのブログから
情報商材やツールが売れない理由が分かります

画像クリックでダウンロードページへジャンプします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ダウンロードはこちらをクリック

【最新の記事】

ブログを新装開店しました(03/08)
マジでアフィリするなら使わない手はない(03/06)
アフィリエイトで稼ぐための手順(03/05)
偶然では成果に繋がらない(03/04)
売れたければ寄せて上げな(03/03)
超便利なコメント回りツール(03/02)
資格取得かアフィリエイトか(02/28)

2009年12月14日

YO-TAの超詳細プロフィール 自分をレビュー!?




このページは当ブログの管理人YO-TAの26年の人生を
赤裸々につづったページです。


かなり長くなりますので、覚悟して読んでください(笑)



あ、待って下さい!!!ウィンドウを閉じないで!!!



休み休みでもいいので是非読んでみてください。
その際はお手元にティッシュかハンカチの用意をお願いします。


涙あり笑いありどんでん返しありの感動巨編なので^^


長くなりますのでポテチなどもあればなおいいですね。

ではいきます。



初めまして、YO-TAと申します。



YO-TAロックver.jpg



千葉県松戸市に生まれ、
今住んでいるところも千葉県松戸市です。



生年月日は1983年10月29日


血液型はAB型


身長は177cm
体重は63Kgくらい



趣味はエレキベースです。
バンドでプロを目指していた時期もあり
ライブハウスなどで演奏していました。


当時対バンしたバンドでは


UZUMAKI


ONE OK ROCK


BACK-ON



など、多少音楽に精通した人なら
知ってるであろうアーティストと
一緒にライブをやっていました。



好きなアーティストは


MUSE


RADIO HEAD



など、イギリス系のミュージックが好きです。
日本のアーティストではミスチルやスピッツも
好きですよ♪



以下の画像は私の愛機である
ミュージックマンスティングレイ5弦verです。


スティングレイ5.JPG


使っているエフェクタ〜


エフェクター.JPG


その他にもドラム、ピアノなども多少やっています。


電子ドラム.JPG

電子ピアノ.JPG


音楽以外の趣味は麻雀やファッション関連です。



麻雀で好きな役は七対子、国士無双。

出したことのある役満は、大三元、国士無双、地和。



好きなファッションブランドは、
ナノユニバースやポールスミス、
バーバリーブラックレーベルなど。


バーバリー.JPG


↑ の画像は、いたるところで

おしゃれ(はぁと)

と褒められているブラックレーベルのバッグ(笑)






では、私の生い立ちを。



1983年10月29日に2800gくらいで生まれる。



家族構成は28こ上の父と母、3つ上の兄が一人



歳くらいまでは生まれ故郷である千葉県松戸市に住むが
それから2年くらい父親の仕事の都合で名古屋へ行く。



歳くらいの時に千葉県松戸市へ帰ってくる。
以降ずっと地元在住です。

通っていた幼稚園は八柱幼稚園。




歳くらいからエレクトーンとスイミングを習い
これは小学校卒業まで続く。



学校は常盤平第三小学校へ入学。
低学年のときは外で遊ぶよりもテレビゲームで
遊んでいることの方が多かったです。



ファイナルファンタジー4でRPGの面白さに
気づいてからは、ゲームにどっぷりでした^^;



当時の得意スポーツはドッジボール。
他のスポーツはともかく、ドッジボールだけは
当時やっていた「ドッジ弾平」という漫画の影響で
人並み以上に強かったです^^

知ってますか?ボールに炎を書いたりするの(笑)



あと、当時は自分で言うのもなんですがめっちゃ絵が上手かったです。
ドラゴンボールの絵とかを書くと、みんなに

「これ、写し絵でしょ!?」

とは良く言われました^^

自分で考えた漫画を書いたりして友達に見せるのが楽しみでしたね〜。
夏休みとかを挟んでしまうと、しばらく漫画のことについて
触れられなくて寂しかったんですが、少し経つと

「漫画の続きは?」

って聞いてくれるんですよ。
やはり見てくれる人がいないと書いている方も面白くないです。

この頃の将来の夢は漫画家です。



学校中学年

とんでもない悪ガキでした。
こういう「不良自慢」みたいのは
みっともないと思いますが
あえて書きます^^;



授業をさぼってケンカに明け暮れる



こちらを見ている奴がいれば

「なにガンつけてんだよ!?」

みたいなノリでケンカ売りまくっていました。
(小学3〜4年のガキがですよw)

自分が「強い」っていうことを証明したくて
仕方がなかったんだと思います。


今の自分からは自分でも想像できません^^;


担任から毎日自宅に電話をかけられて

「お宅のYO-TA君が!!!」

と、しょっちゅう親は呼び出しくらっていました。
(母ちゃん昔は迷惑かけてゴメンよ・・・)



学校高学年


中学年と比べてかなり落ち着きました。
髪型などにも気を使ったり、
色気づいてきた年頃でした。



当時流行っていたアニメ「スラムダンク」が
始まる頃に、丁度バスケにハマり
ミニバスケットチームに入る。


ポジションは主にセカンドガード。
スラムダンクで言えば「三井」みたいなポジションですね。


よく周りからスラムダンクの影響でバスケを始めたと
思われるのがすごいイヤでした^^#
バスケ始めたきっかけは体育の授業でやって面白かったからです(><)



バスケにハマッたのと引き換えに、
「漫画家」という将来の夢を捨てました。

スポーツをするようになって、漫画というものがオタクっぽいものに
感じてしまったんです。

今思うとなんてもったいない・・・。
バスケより明らかに絵の方が才能あったのに・・・。



盤平中学校に入学



部活はもちろんバスケ部。
ですが、1年時はほとんどさぼっていました。



周りに自分より上手いヤツがわんさかいて
試合に出れなかったのでだんだん部活に行きたくなくなりました。



んで中1にして髪染めたり・・・今思うとホントなんてガキだよ^^;



中1が終わるころに、部活の顧問ときっちり話す機会が
ありまして、その時に「部活を続ける」と宣言しましたので
それからは引退までしっかり部活に出ました。


今思うとあの時、部活を辞めなくて本当に良かった


当時の部活のメンツとは、今も時折会って飲んだりする仲ですから♪
部活の顧問の先生もたまに交えたり^^



学2年の時に、3つ上の兄の影響でエレキギターを始めます。
当時コピーしたバンドはルナシー、グレイ、ラルクなどです。



しかし、中学3年の時に友人の家でベースを弾かしてもらい
ベースの音に衝撃を受けました。

「こ、この音は!!!」 って。

そんなベースとの出会いから、高校に入学と同時くらいに
エレキギターからエレキベースに転向します。

この頃の夢はプロミュージシャン♪



校に入学



第一候補の公立に落ちてしまい、私立の男子高に行くことになる。
ちなみに埼玉の小松原高等学校っていうところです。
知ってる人がいなければいいな・・・。
偏差値おもくそ低いところでしたから^^;



公立に落ちた時は泣きました。

「オレが男子高なんてありえねぇだろ・・・!!」

って(笑)

一緒に合格発表見に行った友達は受かってたから
気まずそうだったな〜。



高校に入学したと同時くらいにコンビニでアルバイトを始める。
一刻も早くエレキベースを買いたかったからです。



このバイトは5年間続けました。

途中1回辞めたりしましたが、
他のバイト先が潰れたので、戻ってきたり。



2の時にそのコンビニ(ファミリーマート)で
知り合った先輩とバンドを組みました。



メンバーが自分以外みんな4つ上でバンド経験があり
自分より全然うまかったので、バンド練習では
最初、足をひっぱってばかりでした。



そんな状況を良しとするはずがなく、もう猛練習の日々です。
軽音部とかに所属しているワケでもないのに、わざわざ学校に
エレキベースとミニアンプを持って行って、
休み時間のわずかな時間を使って練習していました。



友人との旅行にもエレキベースを持って行ったら引かれました^^;



3の時、先輩達とのバンド解散。
ボーカルの人が大学で忙しくなってしまったので
バンドが機能しなくなってしまって(><)



高3の終わり頃に実の兄とバンドを組みます。
兄がボーカル・ギター、YO-TAがベース、
楽器屋のメンバー募集の張り紙でドラムを
見つけてバンド活動を開始しました。



バンドを組んで2か月くらいで初ライブ。

緊張していて棒立ちでベース弾いていました(//▽//)



校卒業後、専門学校に入学



専門学校はESPミュージカルアカデミーってとこです。
「ミュージカル」といっても踊るわけじゃないですよ♪


ESPっていうのは、当時ビジュアル系アーティストの全盛期だった頃、
みんながこぞって使っていた楽器メーカーがESPだったんですね。


そう、ESPというのは主に楽器のオーダーメイドをしているメーカーです。
そのESPの学校の「ギタークラフト科」に入学したんです。


以下は自分がESPに在学時に作成したベースです。


自作ベース.JPG


専門学校2年時、やはり進路という人生の分かれ道で悩むわけですよ。
進路相談室に行って、

「楽器の工房に入りたいんですが〜」

と言いました。
その時の先生の言葉・・・

「ぜん〜ぜっんオススメできないね〜」



( ゚д゚ )



なんでも進路相談の先生いわく
楽器制作の業界はすこぶる給料悪いらしいのです。



過去の卒業生で月給3万円で工房に就職した方もいるとか。



月給ですよ!?月給!!



アフィリエイトの情報商材で「日給8万円」という商材がありますが
その日給にすら負けています(><)



どんなに工房のトップになったとしても年収500万程度だとか・・・。
そりゃ、小学生の時は漫画家目指して
中学生の時からミュージションを目指していた私には
耐えられない給料でした。


やっぱり印税とかで楽して過ごしたいじゃないですか(爆)

まぁ、この「楽して過ごしたい」には罠もあるのですが
それは後で語ります。



門学校卒業後、「ファーストキッチン」という
ファーストフード店の契約社員として入社。


今思うとなんでファーストフード店だったんでしょう???
でも若い子といっぱい遊べましたから良しとします(爆)


ファーストキッチンの契約社員(店舗マネージャー)として入社して
半年経った頃、ある事件が起きました。



失 恋
(ここで失と恋を1文字分空けているのがポイントです)



校卒業と同時くらいから付き合っていた彼女と別れました。
その彼女は小学校、中学校と一緒で、高校卒業後の
中学の同窓会で意気投合して付き合ったというまるで
ドラマのような展開のなりそめ^^


私はドラクエ5で言えばフローラよりもビアンカ派だったので
この幼馴染シチュエーションはタマらないものがありました(笑)


両者とも親と面識などもあり、結婚を前提だっただけに
彼女との別れはかなり心が打ちひしがれました orz


振られてからはしばらく「鬱」というよりも「躁」状態でした。
やたらテンション高くなって、ファーストキッチンの同僚には
迷惑かけたと思います。


その当時のファーストキッチンの同僚とは今も麻雀を打つ仲♪


そもそもはミュージシャン目指してたはずなのに
女にばっかかまけて、専門学校時代は
ほとんどバンド活動していませんでした。
(彼女のせいにしているワケではありませんよ!)



オレの人生・・・こんなもんじゃねぇだろっ・・・!!!



そこからは行動早かったです。
バンドを本格的にやりたいと思ったので
ファーストキッチンの店長に宣言しました。



「契約社員辞めます」

「今後はバイトとして使ってください」

「これからはバンド中心に生活したいんで」




という感じでバイトマネージャーに降格。


彼女に振られたのをバネにし、本格的にバンドをやると決意しました。

この頃、YO-TAは21歳。



それからは激動の2年を過ごすことになる



高校の終わり頃に組んだ兄とのバンドは
ライブ活動は休止していましたが、
スタジオでの練習はずっと続けていました。


「とりあえずライブに出よう!」と思い、
練習で自分達の楽曲を録音し、
ライブハウスに単身乗り込みました。


「自分のバンドでライブに出たいんです!!」


ん〜、若いって素晴らしい(笑)

ライブ活動をし始めてからは、
今まで2年半の休止状態がウソのように
行動しました。


本格的にレコーディングをし、それを無料配布CDとして作成。
それをひたすら量産し、休みの日は各地のライブハウスに行き、
設置してもらう。


主にこの活動、自分一人でやっていました。
自分だけがやる気満々だったんだと思います^^;


自分がこれだけエネルギッシュに動けたのは人生で3回だけです。

これがその1回目です。
あとの2回はのちに語っていきますね♪



マイナー音楽雑誌に自分達のバンドが掲載。
インディーズレーベルのオムニバスに楽曲提供など
やっぱり精力的に活動すると何かしらの変化はあるんですよ^^



ライブを通して、中学時代の後輩と対バンとして再会するなど
面白いできごともありました。



すが、兄とのバンドは本格的に活動を始めてから1年半で解散。
理由はドラムの脱退です。
多分私がやる気ありすぎたせいで、
ついていけなかったんだと思います。



その頃、上で語った中学時代の後輩からYO-TAにベースとしての加入依頼。
兄とのバンドはイギリス系ロックでしたが、後輩のバンドはヘヴィ系ミクスチャー。



まるでジャンルが違います orz



Hey!

なにYO!

オレにRAPでもしろっていうのかYO!

チェケラ!!!



でも加入しました^^;
慣れないスケーター系ファッションで身を固めて(笑)



人間の適応力ってすごい!!!
なんだかんだヘヴィ系ミクスチャーが好きになってきました。



こちらのバンドはYO-TAが加入してから1か月と経たずレコーディング決行。
おいおい、7曲も2週間でマスターしろと?
(しかもアレンジ込み)


何とか弾けましたが^^;

レコーディング終了後、すぐにライブ活動開始。
私が加入する前から活動していたバンドだったので
わりかし早くにおいしい話がいっぱいもらえました。


その時に対バンしたのがUZUMAKIやONE OK ROCKです。


ですが、プロを目指すとかたくなに言っていた後輩に変化が・・・






「ばっちょ・・・オレ就職しようと思うんだよね」

※ばっちょ=YO-TAのあだ名です





   。 。
  / / ポーン!
( Д )






私は必死に自分のバンド観を伝えました。


「あんね、バンド活動ってさ、

結局ライブハウス側に利用され、

こちら側も利用するのが一番いいと思うんだわ。

向こうはこっちに集客を望んで、こっちは

ライブハウスにいいブッキングを望んでいる。

だけどさ、こっちが就職して土日しか

ライブできないって言ったらさ、向こうも

ブッキングしづらいじゃん?わかる?」



と、伝えたものの結局は本人の問題ですからね^^;
その話をしてから、30分後くらいにYO-TAはこう思っていました。







オレもIT企業にでも就職しよ。






何でそうなんだよ!!!ってツッコミは受け付けません(><)

この後輩の話でYO-TAは「気づいて」しまったんです。
バンドでプロを目指すってことは何て他力本願なんだろう・・・と。

本気で音楽で食っていこうと思っているなら
ソロでも何でもやればいいじゃないか・・・。

だけどYO-TAにはバンド以外でやっていこうという気は元からない。


じゃあ今後もバンドのメンバーの都合でオレは行動が制限されるの?
そんなん嫌だ!!!



だったら一人で出来る、目指せるものを始めればいいじゃないか



ということで、兄が就職したIT企業に興味を持ちました。
世の中はIT時代って言われていましたし、すごい儲かりそうだな・・・と(笑)



そこからはまた行動が早いです。



「店長!オレ仕事辞めるよ!プログラマーになるんだ!」



あれ?こう書いてみるとYO-TAの人生って結構適当・・・?^^;



結局ファーストキッチンを辞めるまでは、宣言してから半年かかりました。
店長が「あと半年いてくれる?」と言っていましたし、
バンドも解散するわけではなかったので色々とありましたしね。



して、2007年初頭

ファーストキッチンを辞め、コンピューター系の会社に就職です。

なんと、プログラム未経験だったにも関わらず
面接一発目で合格してしまいました^^



ちなみにこの時入社した会社は「人材紹介予定派遣」をしている会社でした。


「人材紹介予定派遣」っていうのは、ここの会社で研修をしたのち、
他の会社に派遣で行ってもらって、ゆくゆくはそちらの会社に移ってもらう
というシステムです。



この入った会社が、まぁ、俗に言うブラック企業ってヤツでして
研修中はアホのような拘束時間でした。


同期が60人位いたのですが、最後まで残ったのは20人くらいです。


でもこの時の自分の精神状態は「無敵(トランス?)状態」でした。
他の人が「ツライ・・・」っていう研修でもむしろ楽しめた記憶があります。


研修中の拘束時間は・・・


7時半に通勤(会社に到着)

終わるのは毎日21時前後

遅いと24時手前くらい

週休1日制(日曜だけ休み)



これが3か月間でした。
1日でも遅刻したらクビです(笑)


YO-TAは、この会社の入社式がある日に

午前中に最後のバイトに出て、
午後は入社式に出席、
夜はライブ

というスゴワザをこなしました^^



研修中も周りがいっぱいいっぱいな時に

平日は、研修から家に帰って、その後にジョキング

週1の休みはバンド活動


と、他の方からしたら普通じゃないことを平然とやっていました。
これが私が人生で本気になった2回目ですね。



「本気でやろう」と思った時って、本当に力がみなぎってくるんですよ。

だけどYO-TAの場合は、本気になるとかなり攻撃的になります(笑)
自分にも他人にも厳しくなるので周りはいい迷惑かもしれません^^;

同期の人を普通に叱ったりしていました(爆)


3か月の研修を無事に終え、他の会社に派遣〜となる段階だったのですが
他の会社の面接でことごとく落とされました orz


本当は3か月以内に派遣先を決めないといけないのですが
4か月目の延長が認められました。



ですが



4ヶ月目も行き先が決まらない・・・ orz



これは後から気づいたことだったのですが、
研修を行っていた会社のカラーにYO-TAが染まりすぎてて
他の会社に合わなくなってしまっていたんです(><)



4か月目に行き先が決まらなかったら「クビ」だと言われていたので
覚悟はしていたのですが、ある出来ごとがありました。

自分の上の上の上〜くらいの上司が
いっちゃんトップの人にこう言ってくれたらしいです。



「YO-TAだけは絶対残してください、アイツは絶対に行き先が決まる!!」



その話聞いて泣いちゃいました・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン

ただ、この会社の恐ろしいところは、
ホントに他の人は切っちゃったんです。

仲の良い同期もその中にいたので、
自分が残れた嬉しさと、同期の仲間に悪いという気持ちの板挟みになって
その日の夜は眠れなかったのをよく覚えています。


その同期とは今でもたまに会ったりします♪

面白い縁で、その同期の名前は自分の父と同姓同名☆



その後、自分が今の会社のカラーに染まりすぎていたということに
ひょんなことから気づきまして、力を抜いて面接を受けたら
一気に2社も受かっちゃいました。



今までの苦労・・・なに???( ゚д゚)ポカーン



この頃に後輩とのバンド解散。

して、派遣先の会社に2か月の研修の後、本入社。
この会社に入社したのが2007年9月で
2009年12月まで続けることになります。





前にいたブラック企業がかなり厳しいところだったのですが
案外、自分に合っていたんでしょうね・・・。

本入社した会社は正直ぬる過ぎて、
自分のために全然ならない会社でした(爆)



良き、麻雀の師匠とは出会えましたが、
本当にそれだけだった気がします。



何といっても、給料が年々上がっていくのみ!!!



上がらないよりはマシですが、私は本当に「やってやる!!!」
っていう気持ちでいっぱいでしたから、成果に見合った分
給料を上げて欲しかったんです。



だから、年々上がっていくんじゃなくて
成果に応じて給料を上げるという体系を望んでいました。



だけど、だらだらやっていても、どんなに頑張っても
給料が変わらないんじゃあ・・・やる気なんて起きません(><)





そんな怠惰な生活を2年以上も続けることになります。





こで麻雀の話を挟みますね♪



YO-TAは2008年まで麻雀打てなかったんです。

「社会人になったら麻雀打てるようになりたいな〜」

と、思っていました。


そんな時に会社の先輩がめちゃくちゃ麻雀が好きなことが判明。
その先輩は家にある漫画の8割は麻雀漫画という雀狂。
実力もかなりのものです。


「自分速効覚えるんで麻雀一緒に打ちましょうよ!」


2007年終わりごろに任天堂DSの「役満DS」を購入し
ある程度のルールを掴む。
確か初雀荘は2008年1月3日で場所は渋谷の「メカバビィ」でした。

今思うと、牌を切るの遅くて周りに迷惑かけたんだろうなぁ(><)


そこからは急速に成長


仕事中でも先輩にメッセンジャーで

―――――――――――――
226778三四五六ABCD

ドラは5

↑ 何切ります?
―――――――――――――

みたいなメッセンジャーのやりとりをするほど
麻雀にハマってしまいました。


次第に知り合いだけで打っているのに満足できなくなり
単身でフリーの雀荘に行き始める。


この時、YO-TAまだ符計算できません。


「まだ始めて間もないので符計算できませんがよろしくお願いします!」


なんでその情熱を仕事に向けられないかな〜。
はい、給料が上がらないからですよね(笑)



それからは週4ペースでフリー雀荘に通うことになります。
(もちろん符計算は覚えましたよ^^)





そして2009年、事件が起きます。






夏のボーナスオールカット







社長いわく「冬も期待しないでね(はぁと)」



うわぁぁぁぁぁ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻゛:∴


やってられるか(ノ`Д´)ノ彡┻━┻゛:∴


ヤッテラレッカ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻゛:∴



この辺の心情についてはこちらの記事でも語っています。


>> YO-TAのプロフィール


この話を聞いて会社を辞める気持ちが一気に高まります。
「石の上にも3年」といいますから、
まずは3年やってみようという気持ちでしたが
もうそんな悠長なことは言ってられません。






とりあえずFXの専業トレーダーになるかな・・・






はい、バカです(笑)
FXで20万近く失いました・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン



こうなったら「アレ」しかないな・・・と思いました。

兄が少しだけやってみたが一カ月31円にしかならなかったというあの・・・






アフィリエイト







はい、ここでようやく出てきました、アフィリエイト。

アフィリエイトやネットビジネスと聞くと、
なにげに皆さん・・・


「楽して稼げる」


というイメージを抱きやすいらしいのですが
YO-TAの場合は全然違います。


むしろ稼ぐのは難しいだろうなって思っていました。
まぁ、兄から話を聞いていたのがあるからでしょうね^^;



専門的な知識とかも必要そうですし、
毎日のブログ更新がありますから


「敷居が高い」


と思い、敬遠していました。
だから、より楽して稼げそうなFXに手を出したのですが(笑)



だけどここでアフィリエイトで人生を変えないと
また会社に対する不満を抱えたままの人生になってしまう・・・。



「やるからには専業目指して一直線だ!!!」



2009年9月、アフィリエイターYO-TAの誕生です。



会社には「もう今年いっぱいで辞めます」とは言っていたので
会社を辞める12月までにアフィリエイトで手ごたえを感じれなかったら
葬儀屋にでも就職しようかな〜なんて考えもありました。



とりあえず一番最初に決めた目標額は


9月に1000円

10月に5000円

11月に20000円



でした。

9月、10月と目標を達成出来なかったのですが
11月は目標額を突き抜けた成果を出せました。


11月アフィリ報酬.jpg
クリックで拡大されます。


「これは、イケるな・・・」

そんな自信を持てた11月です^^



YO-TAが人生の中で本気になった3回目は
もう予想がつくでしょうが、アフィリエイトに対してです。


始めたばかりの9月は、
平日2時間程度の作業だったと思いますが
10月になって4時間くらい。

11月に至っては、平日でも5〜6時間は
アフィリエイト作業していました。
仕事から家に20時頃に帰ってきて、
夜中の3〜4時までやるのは当たり前になっていきました^^;



仕事を辞めたら少しの間アルバイトもしようと思いましたが
今のところそちらは考えていません。



その分の時間があれば、もっともっと
アフィリエイトに時間を割きたいからです♪



今このページを見ているあなたが
どのような方なのかYO-TAには分かりません。



ですがこのページを見ている時点で
「アフィリエイト」に興味を持っている方なのは
確かだと思います。
(違ってたらごめんなさい)



これからアフィリエイトを始めようとしている方かもしれませんし
最近アフィリエイトを始めたばかりの初心者さんかもしれません。


はたまた、アフィリエイトで既に稼いでらっしゃる方かもしれませんし
月に100万以上稼ぐスーパーアフィリエイターの方かもしれません。



私が特に伝えたいことがあるのは
これからアフィリエイトを始めようと思っている方や
初心者アフィリエイターさんに対してです。




アフィリエイトはしっかりとやれば必ず成果を出せます。




すぐに「楽して稼げる」仕事ではありませんが、
軌道にのってくればだんだんと作業も楽になっていきます。
(何より楽しいですしね♪)


楽して稼げる方法というのは中々ありません。

だけどあなたが今頑張ることで将来楽して稼げる可能性は十分にあります。
(なんの仕事でもそうなんでしょうね・・・)


もしこれからアフィリエイトを始めようと思っている方で
「何から始めたらいいかわからない・・・」
という方は、YO-TAにメールを下さい。



「アフィリエイトを始めたいのですが何からしたらいいんですか!?」



でもいいです♪

絶対に情報商材の押し売りなどはしないので安心してください(笑)
※情報商材とはアフィリエイトする上での教科書みたいなモノです。



私もあなたと同じく最近アフィリエイトを始めたばかりです。
それでもきっちりやれば2〜3か月で成果は出せます♪



共に楽しくハッピーなアフィリエイト生活を始めてみませんか?


副業でやろうという方


専業でがっつりやりたい方



どちらの方からもメールをお待ちしています☆



メールはこちらから



もちろん上記に当てはまらないアフィリエイターさんからの
メールも大歓迎です^^


他にも「これからエレキベースを始めたいのですが・・・」
などの質問でもぜっんぜん構いません!!!


恋の悩みには協力できるか分かりませんが・・・^^;


ばんばんメールください☆
私も自分の記事に反応があれば嬉しいですから♪
posted by YO-TA at 00:57 | Comment(29) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

YO-TAのプロフィール



めまして

自画像.jpg

YO-TAといいます。



1983年生まれ

AB型

出身地は千葉県松戸市

現在の住所も千葉県松戸市です。

趣味はベースに麻雀
好きな役は七対子・国士無双

昔はバンドでベースをやっており
プロを目指したりしていました。



YO-TAのバンド歴はこちら

>> ベースエフェクター検証:レビューとおすすめ販売店



色々あって今はプログラマーを
やっています(2009年10月現在)







今の仕事は2009/12/20に
退職することが決まっています。



そんな自分がこれから何をするかというと・・・



専業アフィリエイターです




( ゚д゚)ポカーン




儲けが出ていればいいですが
アフィリエイトは2009年9月から始めたばかりで
まだまだ本業の収入には到底追いつきません。



「なんでそんな無謀なことするん!?」



と、周りから言われたりします。




そもそも会社を辞めようと思ったのは・・・(遠い目)



2009年夏のボーナスをALLカットされたことが始まりでした。



それまでも会社の「年功序列」
みたいなところに疑問を感じていたんです。



YO-TAは結構、成果主義者なので
やったらやった分だけお金ほしいんです(><)



資格とか取得したらその分だけ給料アップしてほしいし
自分の仕事が評価されたらその分給料アップしてほしい。



「先輩!どうやったら給料上がっていくんですか!?」


「ん〜、年々上がっていくよ」




何それ!?



そんなもんぶっちゃけ望んでいないです(笑)



そんなモヤモヤした気持ちながらも
サラリーマンという怠惰な生活に
身を委ねていました(2年とちょっと)



だけど、冒頭のボーナスカットから
始まり、10月からは不況で月給10%カット




もうやってられるか(ノ`Д´)ノ彡┻━┻゛:∴




時を同じくして、私の尊敬する兄も
IT系の会社を辞めました。



兄の退職理由も私と同じく



「給料が貰えない」



でした。



兄は2008年の秋に結婚して
2010年の1月頃には父親になります。



そんな兄が安定から離れて独立しようとしています。



そんな兄の発言 ↓



「いつか起業したいと思っていたからちょうど良かったかも」



まじクールやし(笑)



現に今、兄は自分で営業をかけ
人脈を活かし、仕事を受注しています。



前の仕事場とは給料段違いみたいです。
(今の方が数倍良い)



※この記事は兄の許可を取って書いていません



これこそが私の望む大人の姿です。



サラリーマンにはサラリーマンの良さがあるんでしょう。



だけどね



安定したところから離れてみて、

イチから「自分で稼ぐ」という

経験は絶対した方がいいと思います。



働いたからお金が発生するんじゃありません。



成果が出たらお金が発生するんです。



だから私はアフィリエイトという世界に足を踏み入れました。



来年からアフィリエイトで稼ぎが出なかったら
野たれ死ぬかもしれません(笑)



それでもいいじゃない。

いや、本当はいいとは思ってないけど



だから何としても稼ぐ必要があるんです。



「無謀?」


「社会というものが分かってない?」


「働きながらやればいい?」



どっちの方が世の中見えてね〜んだ!!!


目を覚ましがれ!!!


会社にぶら下がって給料貰ってれば満足か?


頼りになるかもわからない社長に
自分の身ゆだねていいのか?




・・・というのが、私の会社に対する思いです(毒)



皆さんも自分の人生を振り返ってみてください。
何となくで生きていても人生ツマらないですよ。
私はアフィリエイトを初めてからはHAPPYです(・∀・)



今の会社潰れたら行くところがない・・・とか言ってる人



会社が潰れたら他の会社からスカウトあるでしょ?



え、スカウトなんてない?



それじゃあアナタ今まで何やってきたの?



な〜んて言われないように、
自分がちゃんと頑張れることをやりましょう。
posted by YO-TA at 22:04 | Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。